スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Now は本当にバッテリーを食いまくっているのか?

Google 検索 App

価格: 無料



[Link] Is Google Now Killing Your Battery Life? Here’s How To Prevent It | Cult of Mac

GoogleはiOS版Appをアップデートしましたが、追加された「Now」機能により位置情報サービスが多用され、バッテリー消費が激しくなるのではないかと、ユーザーからは不安の声が上がっています。
「Now」とは現在の位置情報などからユーザーに必要と思われる情報を推測し、表示するサービス。天気予報などもその一つです。
しかしこれを利用するとステータスバーの位置情報アイコンが付きっぱなしになることがあり、それがユーザーの不安に繋がっているようです。

しかしGoogleは電池消費の対策も講じているようで、

・GPSではなく携帯電話の基地局やWi-Fiネットワークなどから大まかな位置情報を取得

・バッテリー残量が減ったら位置情報のアップデート頻度を下げる

・デバイスが大きく移動しない限り、アプリケーションはスリープ状態を保つ

などが挙げられるようです。

まだリリースから間もないのでどのくらい電池消費が激しく、どのくらいこの対策の効果があるかはわかりませんが、Googleとしてはそこはきちんと対策をとったという認識のようです。
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
Copyright © zonotrain29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。