スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本日発売】iPod touch 第5世代 を体験してきたよ!

picture


やっと待ちに待った発売! 2年ぶりの新型iPod touch!

今日は展示されている店舗は少なかったのですが、ソフマップのMacCollection秋葉原館で触ってきましたよー!

ここのお店は、アップル製品の発売当日に展示される率がかなり高いです(笑)

ちなみにAppleStoreでも明日から展示されるようですね。


ということで、レビューいきます!
■デザイン|とりあえず、薄い。これが未来か。

正直、ここまでとは思いませんでした。

「厚さがない」と言ってもいいくらいです。

ボディじゃなくて板ですよもう。タッチパネルしかないんじゃないかっていう(笑)

iPhone5も薄くて驚きましたが、それ以上です。

体感の薄さは、iPod nano 第4/5世代あたりに近いです。

と思って調べたら、この新型touchの方が1mm薄いんですね(;^_^A

初めてiPod nano 第4世代を触ったときもかなり感動したんですが、その感動をこんなに早くtouchで体感できるとは思いませんでした。

もう一つ大きい特徴として、背面がMacBookと同じ酸化皮膜処理をしたアルミニウムになっています。

これ、かなりいいです。指紋が付きにくく、手触りがサラサラで気持ちいい。

iPodらしい鏡面はなくなってしまいましたが、これはこれでありなんじゃないでしょうか。

鏡面は、独特のオーラを放つclassicの特権になりましたね!


他、ボタンやloopホルダーについては後ほど触れます。


■レンポンスと性能|抜群のポケットコンピュータ、再来。

「これはiPod。あくまで音楽プレーヤーだよ。」

そんな妥協を微塵も感じさせません。

サクサク感はiPhone4S並です。このiPodを使っていて、ストレスという言葉は出てきません。

試用機を貸してもらったときは12個くらいアプリがAppスイッチャーにあったんですが、iPhone4Sと同様この程度ではレンポンスに全く影響ありませんでした。

実は展示機がお店に届いてから10分程度だったようでネットワーク接続はされておらず、Safariなどは試していませんが、これならなかなか良さそう。

ちなみに第4世代で一旦なくなったアンテナの非金属部分が復活したので、電波強度や接続の安定も期待できます。

カメラも500万画素のしっかりしたものを搭載してきましたし、スマートフォンのように使うのも十分ありだと思います。

ガラケーやAndroidとの2台持ちにもいいと思いますよ!

第4世代からの買い替えもオススメ。


■ディスプレイ|より大きく、より美しいRetinaディスプレイ。

iPhone 5とiPod touch 第5世代が発表されてから実際触るまで、4インチディスプレイは片手持ちで端まで指が届くのかかなり心配していたんですが、iPhone5を触ったときその予想を良い意味で裏切られました。

そして今日、iPod touchを触って、またまた裏切られました。もちろん良い意味で。

薄いからかなりスムーズに指が届きます。

ホーム画面とかで右上のアイコンをタップするのも余裕でした。


あと今回、第4世代からの変更点であまり知られていないけど大きなものが一つあります。

液晶パネルの質です。

iPod touch 第4世代では、コスト削減のためTN液晶という安価なタイプの液晶が使われていたんですが、第5世代ではiPhoneに搭載されているのと同じで性能の良い、IPS液晶が搭載されました。

何が違うのかというと、一番わかりやすいのは視野角の広さです。

IPSディスプレイは、どの角度から見ても明るさが多少変わるくらいで色は変わらないのですが、TN液晶は見る角度によってかなり色が変わってしまいます。

どういうことか、写真で見てみましょう。

picture
▲正面から見たところ。
IPS液晶搭載のiPhone 4S(白)と、TN液晶の旧型iPod touch(黒)で明るさや色はほとんど変わりません。

picture
▲逆から見たところ。
iPhoneのIPS液晶はそのままですが、iPodのTN液晶は色の見え方が変わり、暗いように見えます。

picture
▲右斜め上45°から見たところ。
こちらもiPhoneはそのまま。しかしiPodは色も明るさもかなり残念なことに…

これが新型では改善されたということです!

どうでも良さそうですが個人的にかなり不満だったので、改善されてよかったと思います。


■その他、気になっていたこと。

一つはiPod touch loopのホルダー部分です。

これは押すと飛び出て、また押すと引っ込みました。

予想通りですが、使わない時は気にならない感じだったので安心しました。

もう一つは、各ボタンの押しやすさです。

正直、第4世代は激しく押しにくかったですねぇ。

傾斜部に電源/スリープや音量調整のボタンがついていたので、ボタンを押す角度などを気にしなければ押せなかったりしました。

それが第5世代では側面の平らなところに移動したので、かなり押しやすかったです。

というか、触っている時は自然過ぎて気付かなかったんですが、そのあと第4世代を使ったときに「そういえば押しやすかったなぁ」と気付いたんですよね。

あと第4世代はホームボタンもiPhoneより小さく、さらに若干深かったので押しにくかったんですが、第5世代ではこれも改善されていました。


■さいごに

…欲しいです。かなり欲しいです。

前世代の不満点は改善されたし、そのうえでこの薄さはほんとうに素晴らしい。

A5チップだしiPhone 4Sとキャラ被るなぁと思ってたんですが、これはiPhone 4Sとはまた違った良さがあります。

これだけ人気なのも納得。

ゲーム機としても、ポケットコンピュータとしても、もちろん音楽プレーヤーとしても。場合によってはカメラとしても楽しめる端末だと感じました。

万が一購入したら、写真付きでバンバンレポートしちゃいたいと思います!笑


スポンサーサイト

Comment

2013.06.02 Sun 20:42  |  

このサイト結構いーな

  • #l7G88oFM
  • 佐藤 龍登
  • URL
  • Edit
(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
Copyright © zonotrain29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。