スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iOS 5.1で従来と変わったことまとめ

ここからiOS5.1へアップデート

↑このリンクはアップデート済の場合無効です。


■Siriの日本語対応

ツンデレSiri子さんがとうとう日本語を話してくれるようになりましたね!

iOS 6まで待たされるかと思っていましたが、予想外に早くてビックリ。

一時は日本人がSiriで遊びすぎたせいでSiriのサーバーが混んで、

利用が難しくなったりもしました。

おやおや。


■バッテリー持ち時間の不具合改善

iPodの経験上、スマホってこんなものかなと思って買ったことや、

バッテリーがありえないくらい早く減るということもなかったため

自分のiPhoneは正常なのかと思っていました。

しかしiOS 5.1ににしてみてやっとわかりました。

スリープ状態での電池消費がものすごく抑えられるようになっています。

以前は1時間スリープ状態で放置すると、

バッテリー残量が3~4%程度減ったのですが、

5.1にアップデートしてからは1時間に1%弱くらいしか減らなくなりました。

これで一気に公称値である200時間スタンバイに近づいたと思います。


■ユーザー辞書が表示されなくなるバグの修正

これは困ってた。

ユーザー辞書が表示されなくなり、編集、削除もできなくなっていたんです。

これはiOS5にアップデートした際に、

以前のバックアップから復元した人の一部のみに発生していたようです。

いくつか間違って登録したものがあったので、

PCからバックアップのユーザー辞書にかかわる部分のファイルを

いくつか書き換えるという…なんとも面倒なことをして消したりもしていましたww


■iPhone 4Sでワンセグチューナーが使えないバグの修正

らしいっす。

ワンセグは使わないのでわかりませんが、使えなくなっていた模様。


■auでもFaceTimeとiMessageが利用可能に

iOSデバイスまたはMac間でのテレビ電話機能であるFaceTimeと、

iOSデバイス間でのメッセージ機能であるiMessageが、

auのiPhoneでも利用出来るようになりました。

iMessageは相手が返信を入力中かどうかを見ることができるという、

ある意味すごい、ある意味恐ろしい機能を持っておりますww


■フリック入力が快適になった

なんでかわからないけどフリックの精度がよくなった気がします。

フリック、慣れると便利ですよ。

まだできない方も練習してみてはいかがでしょうか。


■設定のURLスキーム廃止

意味がよくわからない方、これはホーム画面や通知センターなどに、

Wi-Fiなど各設定項目に飛ぶためのショートカットを配置する

一種の裏技と思ってもらって大丈夫です。

一見便利そうなものですが、実際は通知センターやホーム画面が

ゴチャゴチャしてきてあまり美しくなくなってしまいます。

一時は私もはまったのですが、

なくなってみると「確かにない方がスッキリしていい」と

感じることが多くなりました。


ちなみにこの記事の最初と最後にも用意している、

ここからiOS5.1へアップデート」ボタンも、この裏技を利用しております。

だからiOS 5.1にアップデート済みのユーザーは、

このリンクが無効になっているのです。


■フォルダをフォルダに入れる裏技が潰れる

フォルダ in フォルダというとんでもない裏技があって、

無理矢理フォルダやNewsstandを突っ込めたんです。

突っ込めたとは言っても、中にいれてしまったフォルダは

開こうとするとiPhoneがフリーズするというね。

だから結局用のないベーシック(プリインストール)アプリとかを

隠すのにしか利用できませんでした。

それが、できなくなりました。

ただし過去にフォルダにNewsstandをぶち込んだ@zonotrain29は、

Newsstandをフォルダに突っ込んだままにできております。

アップデートで解体されることはないようです。


■標準カメラでパノラマ撮影ができる裏技が潰れる

バックアップファイルを書き換えることにより、

標準カメラでパノラマ撮影ができるようになるという裏技があったのですが、

iOS 5.1にするとパノラマ撮影ができなくなりました。

Appleが未完成なパノラマ撮影を隠していたのだと考えられます。

まあパノラマ撮影については精度の高い無料アプリも多いですし、

正式に利用可能になるまではもう少しかかるようです。



■今回のアップデートまとめ

今回のアップデートは、機能追加+バグ修正+裏技潰し です。


iOS 5.0とiOS 5.0.1は過去にないくらい、

裏技に溢れたバージョンだったと思います。

私は2年半前、iPhone OS(iOSの前身) 3.1のときからiOSを見てきましたが、

脱獄(Appleが認めていないソフトウェアの改造)を行わずに、

これだけ数多くの非公式な機能が、

裏技により使えるようになるバージョンは初めてです。

それにiOS 5.0.xはバックアップに関するバグや脆弱性が多かったです。

ユーザー辞書も、結局はバックアップデータとの干渉と考えられます。

バックアップをいじって隠し機能を有効化できてしまうなんてのも、

そこらへんの問題でしょう。

それはそれで楽しかったですし、まあいいんですがww


それに比べ、iOS 5.1ではそれほど重大なバグはないです。

5.1は非常に完成度の高いバージョンと言えるのではないでしょうか。



ここからiOS5.1へアップデート
スポンサーサイト

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
Copyright © zonotrain29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。