ちょっと嬉しいニュース

今日の記事カテゴリが「自爆」ばっかりでアレだなぁ

と思っていたら、

良いニュース発見。


「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛―米

(時事通信3月16日 16時9分配信)
 
 【ワシントン時事】東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている。
 CNNテレビは、2005年に米国で起きたハリケーン・カトリーナ災害や10年のハイチ大地震を例に「災害に付き物の略奪と無法状態が日本で見られないのはなぜか」として意見を募集。視聴者からは「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた。 


元サイト:「なぜ略奪ないの?」=被災地の秩序、驚きと称賛-米(時事通信)- Y!ニュース


そう言えばそうですよね。

記事にあるハリケーン・カトリーナ、

ハイチの大地震のときや、

数年前の中国・四川大地震のときだって。

「スーパーマーケットの窓ガラスが割られ、人々が食料を持ち出しています。」

みたいなニュース、聞きましたよね。


でも日本では確かに聞きません。

買い占め問題は起きているものの、

一応災害時でも世の中の基本的なルールは守ってますよね。

.
考えたんですけど、

やはり日本人の文化とかも

もちろん関わっていると思います。

買う側もそうですが、

店の人も出来るだけ早く店を開く努力をしたり、

場所によっては無料で提供したりしてますよね。

数日前に、津波で家を流されて

店は残ったというラーメン店の店主が、

無料で温かいラーメンを被災した方々に提供されていました。

店主が「喜んでもらえればOK!」

と話しているのが印象的でした。


ところ変わって東京でも。

江戸川区船堀の「東京健康ランド」というレジャー銭湯では、

液状化の被害を受け、風呂に不自由している

お隣の千葉県浦安市の住民の方が

割引料金で入浴できるようにしているそうです。

江戸川区臨海町や葛西、船堀などは、

幸い液状化の被害はほぼ無いんですが、

浦安は大変だそうで。

水道管が破損したりしているそうです。

それで、お風呂に入れなくなってしまっているようです。

なので橋をわたって江戸川区に来ている人も

結構居るんです。

「湯処葛西」というスーパー銭湯が開いていないというので、

来た人たちが困ってたらしいんですよ。



中には残念な事に乾電池を法外な値段で売ったりする

悪質な業者も居るようですが、

大抵は「被災者の為に何かしてあげようという」

雰囲気ですよね。

こういう国の一員だって、少し誇れる事だと思いませんか?
スポンサーサイト



Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
Copyright © zonotrain29