スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Phoneがイケてないところ

すばらしく作り込まれているWindows Phoneですが、

やっぱり「まだまだだな」ってところも多いです。


今回触ってみて一番嫌だと思ったのは、検索ボタンです。

Windows Phoneでは、画面の下に3つのボタンがあります。

左から順に、戻るボタン、Windowsボタン、検索ボタンです。


ちなみに他のスマートフォンの話をすると、

iPhoneはホームボタン1つのみ、

Androidは、メニュー、戻る、ホームの3つです。

iPhoneについては、文句ありません。

ホームボタン1つで快適です。

画面下部に各アイコンが配置されているので、ワンタップで楽に使えます。

一方Androidは、メニューを押すと各項目が出てくるので、

普段は画面を広く使えていいと思います。

使用頻度の高い「戻る」が独立してるのも便利。


そしてWindows Phone。

戻るボタンとWindowsボタンはちゃんとできてます。

しかし検索ボタンを押すと、問答無用でbingに飛ばされます。はい。(笑)

そんなにウェブ検索しないっつーのw

触ってみるまでは、てっきりiPhoneでよくページの一番上にある

検索窓のように機能すると思ってたんですけど…

甘かったですかね。Microsoftにそれは無理か。

まあWindowsのエクスプローラの検索を使ったときのあの遅さをみれば、

簡単に予想できるものではあるのかもしれませんが(ーー;)

最初にWindowsを使ったときは悪い意味で驚愕しました。

Macが5秒くらいでちゃちゃちゃっと表示してくれるのに慣れていた私は、

このパソコンは何をやってるんだ?フリーズしてんのか?

と目を疑いましたね。

同時にAppleのSpotlightがどんなにすごいことかを知ることもできましたが。


あとウェブ検索が絶対bingってところも嫌ですねぇ。

bingはスマートフォン用の表示がお粗末すぎる。

検索結果も場合によってはGoogleの5分の1くらいだし。

せめてGoogleやYahooを選ばせて欲しいなぁ。


こういうところ、せっかく作り込まれているのに残念です…

次のメジャーアップデートに期待しています!

おやすみなさーい。
スポンサーサイト
Copyright © zonotrain29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。